【安心】和雲(WAKUMO)は臭わない?【羽毛の清浄度が4倍】

【安心】和雲(WAKUMO)は臭わない?【羽毛の清浄度が4倍】

和雲の羽毛布団は臭わないの?

和雲なら赤ちゃんも安心ってホント?

羽毛布団は臭いで一度失敗したから心配。

そんな人向けの情報です。

和雲(WAKUMO)は、日本羽毛製品協同組合が発行する、ゴールドラベルを取得しています。業界標準の4倍にあたる、清浄度2,000mmとなっており、臭いのトラブルが発生しにくいです。

羽毛布団は臭いのトラブルが起こる!

羽毛布団は、臭いのトラブルが起こりやすいです。特に洗濯すればOK、クリーニングすればOKではないこともあるので御注意ください。製造工程での洗浄不足は、購入後に対処するのは難しいです。

本記事でわかる内容はこちら。

  • 和雲(WAKUMO)は臭わない?
  • 和雲と他製品の清浄度を比べる!
  • 和雲の羽毛布団を買うならココ!

羽毛布団の臭いトラブルは、羽毛の油脂分から発生する獣臭が原因です。ダウンの機能性に関係することもあり、100%無臭とはならないものの、羽毛の清浄度で臭いは大きく変わります。

avatar

和雲(WAKUMO)は臭わない?

和雲(WAKUMO)は臭いにくいです。

和雲の羽毛布団は、製造工程における洗浄を徹底しており、業界標準の4倍にあたる、清浄度2,000mmを達成しています。清浄度は、羽毛が臭うか、臭わないかを判断する基準の1つです。

JISの羽毛試験では、清浄度は500mm以上が求められます。また、日本羽毛製品協同組合が発行する、ゴールドラベルにおいても、清浄度500mm以上の規定です。

羽毛が臭わない ≒ 清浄度が高い

羽毛布団の獣臭は、水鳥の臭いそのもので、羽毛に含まれる油脂分が溶け出すことで発生します。そのため、羽毛に余計な油脂分が残っていなければ、臭いは発生しないのです。

よく言われる臭いの原因とは…
(一例となります。<(_ _)>)

  ダック (雑食) > グース(草食)
  雛鳥  (飼育短)> 親鳥 (飼育長)
  フェザー(洗浄難)> ダウン(洗浄易)
  ヨーロッパ(衛生)> アジア(不衛生)

草食のグースより雑食のダック、飼育期間の長い親鳥より雛鳥の方が、油脂分が多くて臭いやすい。ダウンよりフェザーの方が洗浄しにくいので臭いやすい。ヨーロッパよりアジアは不衛生なので臭いやすい。

本質は油脂分や雑菌の有無

先の原因は本質ではありません。どんな羽毛が使われていようと、余計な油脂分が残っていないか、雑菌が繁殖していないか、しっかり洗浄できているかがポイントになります。それを判断できるのが清浄度です。

avatar

羽毛布団の臭いトラブルに悩む人

よし、羽毛布団の清浄度をチェックしてみよう。でも洗浄しすぎると、羽毛が本来もつ機能性が低下すると聞いたんだけど本当かな?

羽毛の機能性はダウンパワーをCheck。

ダウンパワー(dp)は、羽毛のふくらみを数値化したもので、どのくらい空気を含めるか、どのくらい保温性や調湿機能が優れているかを示しています。

参考までにゴールドラベルの基準がこちら。

グレード ダウンパワー ダウンの混率 清浄度 酸素計数
プレミアムゴールド 440dp以上 93%以上 500mm以上 4.8mg以下
ロイヤルゴールド 400dp以上 90%以上
エクセルゴールド 350dp以上 80%以上
ニューゴールド 300dp以上 50%以上

By: 日本羽毛製品協同組合

和雲の羽毛布団は、プレミアムモデルが『プレミアムゴールド』、スタンダードモデルが『ロイヤルゴールド』に認定されています。ダウンパワーと清浄度は、以下の通りです。

  • プレミアムモデル  → 440dp / 2,000mm
  • スタンダードモデル → 400dp / 2,000mm

この圧倒的な品質は、伊勢平野の超軟水(硬度が3.2mgと低く、汚れがしっかり落ちる)で洗浄し、一般的には行われない再除塵工程にて、羽毛の根元に残るホコリやアカを徹底的に除去しているからです。

和雲(WAKUMO)は、臭いのトラブルが発生しにくく、赤ちゃんも安心して使える、高品質な羽毛布団です。羽毛の機能性を保ったまま、業界標準4倍の清浄度を達成しています。

avatar

\ 臭いのトラブルが発生しにくい! /
『和雲』の公式ページはこちら

和雲と他製品の清浄度を比べる!

和雲の清浄度は業界標準の4倍です。

清浄度2,000mmはどのくらい凄いのか。

大手寝具メーカーをはじめ、羽毛布団を取り扱っている代表的なショップと比べてみました。今回ピックアップさせていただいたのはこちらです。

  西川(nishikawa)
  フランスベッド
  日の本寝具
  日本寝具通信販売
  タンスのゲン

どちらの羽毛布団も一級品です。

参考情報として御覧ください。<(_ _)>

西川(nishikawa)

『清浄度1,000mm』

西川さんでは、業界標準の2倍にあたる、清浄度1,000mmを規定しています。大手寝具メーカーの安心感もあり、羽毛布団ならココという人も多いでしょう。

フランスベッド

『規定なし(500mm以上)』

フランスベッドさんでは、清浄度の規定はないものの、日本羽毛製品協同組合のゴールドラベル付きが前提となっています。そのため、清浄度500mm以上と考えられます。

日の本寝具

『規定なし』

日の本寝具さんは、清浄度の規定はありません。富士山の湧水を使い、約120度の高温で加熱し、洗浄すると案内されています。

日本寝具通信販売

『規定なし(1,000mm以上)』

日本寝具通信販売さんは、清浄度の規定はないものの、CILゴールドラベルとCILブラックラベルの羽毛布団を取り扱っています。そのため、清浄度1,000mm以上と考えられます。

CILギャランティーラベルとは
CILでは、羽毛の豊富な機能から快適な睡眠に関わる項目を選出。確かな実験と厳しい審査に基づいて羽毛のグレードを特定し、品質保証ラベルを発行しています。
By: CIL 快適睡眠環境研究所

タンスのゲン

『規定なし(800mm以上)』

タンスのゲンさんは、清浄度の規定はないものの、CILレッドラベル以上の羽毛布団を取り扱っています。そのため、清浄度800mm以上と考えられます。

まとめると…

  • 和雲       → 2,000mm
  • 西川       → 1,000mm
  • 日本寝具通信販売 → 1,000mm(CILゴールド)
  • タンスのゲン   → 800mm(CILレッド)
  • フランスベッド  → 500mm(ゴールドラベル)
  • 日の本寝具    → なし

和雲の清浄度2,000mmが圧倒的に高いことがわかります。同時に2,000mmを基準にした羽毛布団は、まだまだ世の中には少なく、新しいスタイルであることも見えてきました。

羽毛布団は臭いのトラブルが発生しやすいです。そのため、なるべく清浄度が高いモノを選びたいところ。ただ、清浄度だけでなく、羽毛の機能性が優れているか、ダウンパワーも確認しましょう。

avatar

\ 圧倒的な清浄度2,000mm! /
『和雲』の公式ページはこちら

和雲の羽毛布団を買うならココ!

和雲の羽毛布団を買うならこちら。

  公式オンラインストア

和雲の販売店は、公式オンラインストアのみ。Amazon、楽天、Yahooなど、大手インターネットショッピングサイトの取り扱いはありません。また、三越、伊勢丹、高島屋など、一流百貨店でも取り扱いはなく、公式通販限定となっています。

詳しくはこちらでもまとめてみました。


以上、

和雲の羽毛布団と臭いについてでした。

ここまでの内容をおさらいすると…

  • 和雲は清浄度2,000mmで臭いにくい
  • 羽毛布団の臭いは羽毛の油脂分が原因
  • 羽毛の種類より洗浄されているかが重要
  • 清浄度が高く、ダウンパワーが高いとGood

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

\ 自分史上、最高の眠りを! /
『和雲』の公式ページはこちら
人気記事【イチオシ】羽毛布団なら『和雲』を選びたい3つの理由【オススメ】

和雲(WAKUMO)カテゴリの最新記事