【解説】和雲のプレミアムとスタンダードの5つの違い【選び方】

【解説】和雲のプレミアムとスタンダードの5つの違い【選び方】

和雲の羽毛布団がほしいけど…

プレミアムとスタンダードの違いはなんだろ。

どちらのモデルを選んだら良いのだろうか。

そんな人向けの情報です。

和雲(WAKUMO)の羽毛布団には、プレミアムモデルとスタンダードモデルの2つがあります。その名の通り、プレミアムがハイグレードで、スタンダードがノーマル。ただ、どちらも高品質の羽毛布団となっています。

5つの違いがこちら。

  価格
  原産地・種類
  ダウンパワー(dp)
  ダウン率(%)
  ゴールドラベル

(。 ・ω・))フムフム

本記事の内容となります。

  • 和雲のプレミアムとスタンダードの5つの違い
  • 和雲の選び方!自分に合うのはどっちの布団?

和雲の羽毛布団は、どちらのモデルも一級品です。ただ、プレミアムとスタンダードで大きな価格差があり、何が違うのか気になるところ。そこで徹底調査して違いをまとめてみました。

avatar

和雲のプレミアムとスタンダードの5つの違い

和雲のプレミアムとスタンダードの違いは…

一覧にすると、こんな感じです。

項目 プレミアム スタンダード
価格 68,000円〜298,000円 48,000円〜144,000円
原産地・種類 ポーランド産マザーグース スペイン産ホワイトダッグ
ダウン率 95% 93%
ダウンパワー 440dp 400dp
ゴールドラベル プレミアムゴールド ロイヤルゴールド

詳しくみていきましょう。

ヾ(@°▽°@)ノ

『価格』の違い

価格差は1.5倍〜2倍くらい

和雲は5つのサイズ(シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キング)と、3つのタイプ(本掛け、合掛け、肌掛け)があり、それぞれ価格が異なります。

2つのモデルを比較すると…

シングル プレミアム スタンダード 価格差
本掛け 198,000円 84,000円 114,000円
合掛け 148,000円 69,000円 79,000円
肌掛け 68,000円 48,000円 20,000円
セミダブル プレミアム スタンダード 価格差
本掛け 224,000円 99,000円 125,000円
合掛け 164,000円 79,000円 85,000円
肌掛け 78,000円 54,000円 24,000円
ダブル プレミアム スタンダード 価格差
本掛け 248,000円 114,000円 134,000円
合掛け 178,000円 89,000円 89,000円
肌掛け 88,000円 62,000円 26,000円
クイーン プレミアム スタンダード 価格差
本掛け 274,000円 129,000円 145,000円
合掛け 204,000円 99,000円 105,000円
肌掛け 98,000円 68,000円 30,000円
キング プレミアム スタンダード 価格差
本掛け 298,000円 144,000円 154,000円
合掛け 228,000円 109,000円 119,000円
肌掛け 108,000円 74,000円 34,000円

冬用の本掛け、春秋用の合掛けは、2倍以上の価格差があります。夏用の肌掛けも1.5倍程度。この価格差はどこからくるのか。ここからが本題です。

『原産地・種類』の違い

羽毛は原産地と種類で変わる

和雲のプレミアムモデルには、ポーランド産マザーグースの羽毛、スタンダードモデルには、スペイン産ホワイトダッグの羽毛が使われています。この原産地と種類で、大きく品質や価格が変わるのです。

羽毛の価値目安はこちら。

  • アイスランド > ヨーロッパ > アジア
  • グース(ガチョウ)> ダック(アヒル)
  • マザー(親鳥)> ノーマル

アジアよりヨーロッパ、特にハンガリーやポーランドの羽毛は、評価が高いです。アイスランドのアイダーダックダウンは別格で、羽毛の宝石と呼ばれています。布団だと300万円以上することもある究極の羽毛です。

グースの方がダックより体が大きく、ダウンも大きくなるため、高品質とされます。同じ理由で、飼育期間の長いマザーの方が、高品質のモノが多いです。

雑食のダックに対し、草食のグースは油脂分が少なく、臭いがしにくいと言われています。ただ、羽毛をしっかり洗浄していれば、臭いの問題はありません。特に和雲では、清浄度2,000mm以上という、JIS基準500mmの4倍まで、徹底的に洗浄されています。

羽毛は原産地や種類で、大きく価値が変わるものの、一つの判断基準であり目安です。その品質は、ダウンパワーでわかります。

avatar

『ダウンパワー』の違い

ダウンパワーは羽毛の品質

ダウンパワー(dp)は、羽毛のふくらみを数値化したもので、数値が大きくなればなるほど、高品質の羽毛であることを表しています。

  プレミアムモデル  → 440dp
  スタンダードモデル → 400dp

avatar

和雲の品質を知りたい人

ダウンパワーが羽毛の品質を数値化してるのはわかったけど、プレミアムの440dp、スタンダードの400dpが高いのか低いのか、よくわからないな。

自分もわかりませんでした。

ヾ(°∇°*) オイオイ

そんな時は、日本羽毛製品協同組合が発行している、ゴールドラベルの基準をみるとわかりやすいです。ゴールドラベルは、良質な日本製であることを保証する、安心の証となっています。

グレード ダウンパワー ダウンの混率 清浄度 酸素計数
プレミアムゴールド 440dp以上 93%以上 500mm以上 4.8mg以下
ロイヤルゴールド 400dp以上 90%以上
エクセルゴールド 350dp以上 80%以上
ニューゴールド 300dp以上 50%以上

By: 日本羽毛製品協同組合

和雲の羽毛布団は、ゴールドラベルの中でも、最高グレードのプレミアムゴールド、次いで高いロイヤルゴールドの羽毛が使われています。

avatar

『ダウン率』の違い

ダウン率は羽毛の割合

ダウン率(%)は、羽毛布団に入っているダウンの割合です。50%以上で羽毛布団(ダウン)、50%未満で羽根布団(フェザー)となります。

  プレミアムモデル  → 95%
  スタンダードモデル → 93%

ずばり、和雲のダウン率は高いです。

どちらもプレミアムゴールド基準になります。

グレード ダウンパワー ダウンの混率 清浄度 酸素計数
プレミアムゴールド 440dp以上 93%以上 500mm以上 4.8mg以下
ロイヤルゴールド 400dp以上 90%以上
エクセルゴールド 350dp以上 80%以上
ニューゴールド 300dp以上 50%以上

ダウン率は、布団の重さに関係してきます。90%以上で高品質、80%以上あれば快適、それ以下だと羽毛布団なのに重さが気になる、そんなイメージです。

羽毛布団の快適さは、側生地(ダウンを覆うカバー)も重要です。通気性が確保できないと、折角の羽毛も機能せず、ムレるだけになってしまいます。基本的に綿一択で、ポリエステルはNG。綿でも80〜100番手の細いものが理想です。

avatar

ここまでの内容をまとめると…

  • プレミアムは価格が1.5倍〜2倍くらい高い
  • プレミアムはグースダウンが使われている
  • プレミアムはマザーダウンが使われている
  • プレミアムはダウンパワーが40dp高い
  • プレミアムはダウン率は2%高い

これ以外は全て同じです。

  清浄度  → 2,000mm以上(業界基準4倍)
  酸素計数 → 1.6mg以下(業界基準1/3)
  側生地  → 超長綿100%(100番手)
  充填量  → 1.00kg(本掛けシングル)

和雲の羽毛布団は、どちらもゴールドラベルを取得済みです。プレミアムモデルがプレミアムゴールド、スタンダードモデルがロイヤルゴールドとなっており、2つとも高品質の羽毛布団であることが証明されています。

\ 自分史上、最高の眠りを! /
『和雲』の公式ページはこちら

プレミアムとスタンダードの違いは、数値でみるとダウンパワー40dpとダウン率2%です。一番確実なのは使ってみることですが、選び方についても考えてみました。

avatar

和雲の選び方!自分に合うのはどっちの布団?

和雲の選び方を考えてみました。

1つはこちら。

  • コスパ重視   → スタンダードモデル
  • クオリティ重視 → プレミアムモデル

もう1つがこちら。

  • 寒冷地・木造一軒家 → プレミアム
  • 温暖地・マンション → スタンダード

ものすご〜く、シンプルに考えると…

プレミアムのが暖かい

これはダウンパワー、ダウン率、そして素材からも明らかです。単純にダウンパワーの差分40dpと、ダウン率の差分2%だけで考えても「40dp × 2% = 40.8」の暖かさ指数が変わります。

ゴールドラベル基準で考えてみましょう。

  和雲(プレミアム) 440dp × 95% = 418
  プレミアムゴールド 440dp × 93% = 409.2
  和雲(スタンダード)400dp × 93% = 372
  ロイヤルゴールド  400dp × 90% = 360
  エクセルゴールド  350dp × 80% = 280
  ニューゴールド   300dp × 50% = 150

羽毛布団は、軽くて暖かいことが最大の魅力です。ただ、暖かければ良いというわけではなく、自身の睡眠環境に合わせて選ぶことが必要となります。

参考までに充填量込みで計算すると…
プレミアム(本掛け) 440 × 0.95 × 1 = 418
プレミアム(合掛け) 440 × 0.95 × 0.6 = 250.8
プレミアム(肌掛け) 440 × 0.95 × 0.2 = 83.6
スタンダード(本掛け)400 × 0.93 × 1 = 372
スタンダード(合掛け)400 × 0.93 × 0.6 = 223.2
スタンダード(肌掛け)400 × 0.93 × 0.2 = 74.4

和雲の公式ページでも案内されているように、2枚掛けで調整する方法もあります。少し重くなりますが、スタンダードの本掛けと肌掛けなら、プレミアムの本掛けより暖かくなる計算です。

avatar


以上、

和雲のプレミアムとスタンダートの違いでした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

\ 純日本製!眠りの質を高める! /
『和雲』の公式ページはこちら
人気記事【イチオシ】羽毛布団なら『和雲』を選びたい3つの理由【オススメ】

和雲(WAKUMO)カテゴリの最新記事