【注意】グリーンパンは食洗機OKだけど非推奨【お手入れ方法は?】

【注意】グリーンパンは食洗機OKだけど非推奨【お手入れ方法は?】

グリーンパン

グリーンパンは食洗機を使えるのかな。

グリーンパンは手洗い推奨ってほんと?

食洗機OKのフライパンが欲しいんだけど…

そんな人向けの情報となります。

結論からお伝えすると、グリーンパン(GREEN PAN)は食洗機OKです。ただ、コーティングが傷んでフライパンの寿命を縮めてしまうことから、公式に手洗いが推奨されています。

どちらを取るか…

  食洗機OKの人 → 寿命 < 手間
  食洗機NGの人 → 寿命 > 手間

ずばり、自分は後者です。(。+・`ω・´)キリッ

グリーンパンはお高めのフライパンなので、寿命を縮めてまで食洗機を使うのは抵抗があります。参考までに食洗機でガシガシ洗いたい人は、コーティングなしのステンレスフライパンがおすすめです。

本記事でわかる内容はこちら。

  • グリーンパンは食洗機OKだけど非推奨!
  • グリーンパンの食洗機対応シリーズまとめ
  • グリーンパンの洗い方・お手入れ方法は?
  • 食洗機OKのフライパンはステンレス製!

グリーンパンの魅力は、発がん性物質のPFOAフリーと、過熱時に有毒ガスを発生しない安全性の高さです。エコや安心感を優先する人にぴったり♪

avatar

グリーンパンは食洗機OKだけど非推奨!

グリーンパン

グリーンパンは食洗機を使えるものの非推奨。

公式サイトでも案内されています。

食洗器を使用することができますが、手洗いをお勧めします。柔らかいスポンジや布に中性洗剤をつけてぬるま湯でよく洗ってください。

これは食洗機用の洗剤が強力すぎたり、研磨剤が含まれていたりで、コーティングを傷めてしまうからです。同じ理由でノンスティックフライパンは、一般的に食洗機が使えません。

さらに詳しく見ていくと…

  手洗い用の洗剤 → 中性
  食洗機用の洗剤 → アルカリ性

(。 ・ω・))フムフム

食洗機用の洗剤は、汚れをしっかり落とすため、強力なアルカリ性が使われています。これがグリーンパンをはじめ、コーティング系のフライパン、アルミ食器、銅鍋などが食洗機NGの理由です。

参考までにグリーンパンは食洗機の高温や噴射には耐えられます。セラミックは熱に強く、グリーンパンの耐熱温度は約450℃です。

avatar

ここで裏技を1つ紹介すると…
自己責任でお願いします。<(_ _)>

食洗機用の中性洗剤を使う!

グリーンパンを食洗機で洗いたいけど、コーティングを傷めたくないという人は、食洗機用の洗剤をアルカリ性から中性のものに変える方法があります。

最近はドラッグストアでの取り扱いもあり、CHARMYクリスタ クリアジェルなどが有名です。Amazonや楽天市場でまとめ買いもできます。

もともとセラミックフライパンは食洗機OKのものが多いです。ステンレスより耐性は弱いものの、鉄やアルミフライパンのように完全NGではありません。

avatar

\ 安心安全エコ!有害物質ゼロ! /
グリーンパンの公式ページはこちら

グリーンパンの食洗機対応シリーズまとめ

グリーンパン

グリーンパンには食洗機対応シリーズと、食洗機非対応シリーズがあるので、購入前にしっかり確認しておきましょう。

  • 食洗機OK → ヴェニスプロ、パドヴァコレクション
  • 食洗機NG → ウッドビー、メイフラワー、スマートシェイプ、ミニ

非対応のが多かった…

(o;ω;o)ウゥ

個人的にはウッドビーやメイフラワーが対応していないのが残念です。ただ、おしゃれでかわいいパドヴァが対応しているのはGood。グリーンパンらしいホワイトやピンクのフライパンを使えます。

食洗機対応シリーズは、セラミックコーティングにダイヤモンド粒子を配合しており、耐久性・熱伝導率・熱拡散率がアップ。また、外面にも傷や衝撃耐性を高めた、スクラッチガード加工が施されています。

グリーンパンの洗い方・お手入れ方法は?

グリーンパン

グリーンパンの洗い方をさらっとCheck。

3つのポイントがこちらです。

  • 熱を冷ましてから洗う
  • 柔らかいスポンジを使う
  • 中性洗剤で油を落とす

至って普通ですね…

ヾ(°∇°*) オイオイ

強いて注意点を挙げるなら、中性洗剤とぬるま湯を使って、しっかり油を落とすこと。汚れが残っていると調理時に焦げつきやすく、結果的にコーティングの寿命を縮めてしまいます。

\ 世界100カ国以上で愛される! /
グリーンパンの公式ページはこちら

食洗機OKのフライパンはステンレス製!

グリーンパンの食洗機使用に抵抗のある人は、もうちょっとリーズナブルなセラミックフライパンを使うか、ガシガシ洗っても大丈夫なステンレスフライパンを使うと良いでしょう。

おすすめを3つだけピックアップすると…

  GREEN CHEF(グリーンシェフ)
  ZWILLING(ツヴィリング)
  KIPROSTAR(キプロスター)

ステンレス製のフライパンは、くっつきやすいのがデメリットです。結構な重さもあるのでご注意ください。ただ、耐久性はピカイチです。

avatar

参考までに、一生物と言われる「鉄のフライパン」は、食洗機が使えません。というより、油引きで油膜をつくって焦げや錆を防ぐため、食洗機でピカピカにしてしまうと、逆に手間がかかってしまいます。

GREEN CHEF(グリーンシェフ)

アイリスオーヤマ × グリーンパン

  26cmサイズの税込価格:4,378円
  26cmサイズの本体重量:830g

GREEN CHEF(グリーンシェフ)は、グリーンパンを手掛けるクックウェアカンパニーさんと、アイリスオーヤマさんの共同開発ブランドです。

グリーンパンと同じく、安心安全のセラミックコーティングで、食洗機対応のフライパンもあります。グリーシェフの方がお値段が安く、定期的に買い換えるのであれば、グリーンシェフの方がお財布に優しいです。

ZWILLING(ツヴィリング)

ツヴィリングのフライパン

スタイリッシュなステンレスクックウェア

  26cmサイズの税込価格:11,000円
  26cmサイズの本体重量:1,230g

ZWILLING(ツヴィリング)は、ドイツの刃物メーカーとして有名です。ステンレスクックウェアにも力を入れており、2008年にベルギー王室御用達のDEMEYEREを子会社化しています。

創業1731年の老舗中の老舗で、厳密な品質管理のもとでつくられた正規品は、10年間の長期保証付き。ステンレスフライパンなら食洗機で傷むこともなく、長く愛用できるでしょう。

KIPROSTAR(キプロスター)

キプロスターのフライパン

プロの現場に応える業務用フライパン

  24cmサイズの税込価格:3,780円
  24cmサイズの本体重量:1,000g

KIPROSTAR(キプロスター)では、業務用のステンレスフライパンを取り扱っています。ハードユースに耐えられる頑丈なつくりで、食洗機に放り込んでもへっちゃらです。

油がなじみやすいよう表面にヘアライン加工を施しており、ステンレス特有のくっつきやすさを抑制しています。真ん中にアルミを挟んだ三層構造で熱伝導率が良く、強度もJIS規格のお墨付きです。


以上、

グリーンパンは食洗機を使えるのかでした。

ポイントをおさらいすると…

  • 食洗機OKだけど非推奨となっている
  • アルカリ性洗剤でコーティングが傷む
  • 中性洗剤に変更すればリスクが下がる
  • 食洗機対応はヴェニスプロとパドヴァ
  • ハード使用ならステンレスフライパン

エコや安全性を最優先で考える人に♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

\ 公式限定の10%OFFクーポンあり! /
グリーンパンの公式ページはこちら
人気記事グリーンパンの口コミまとめ!良いところと残念なところは?

グリーンパンカテゴリの最新記事